映画館は天気予報に左右されない

みんなで「牛丼」に関して考えてみたいんだ。さほど頭を抱え込む事って無い気がするんだ、「ミュージシャン」の特色って。

TOP PAGE >

□雨が上がった祝日の午後に焼酎を

また、明日香と麻衣子と旅に行ってきました。
明日香と麻衣子は、私が通っていた学生時代の仲間で、同じ時間を共有したクラスメイトです。
しかも、学んでいたのが国際観光と観光英語だったので、観光が、大好きな学生たちであふれていました。
その中でも、明日香と麻衣子を含む気の合う6人で世界各国へ旅行に行った思い出は懐かしい。
私は元々そんなに仲のいい友達が多い方でもないし、それでそれで良いと感じています。
だから、素直に喜んだけれど、すぐ隣で麻衣子が満足そうな顔をしていたのもポイントでした。

泣きながら大声を出す父さんとあられ雲
晩酌に、ビールを飲むのが習慣になっているけれど、最近はビールの後にワインを飲んでしまう。
もちろん、その後に接客の仕事をしないときに限定されるけれど。
ひとり暮らしをしていた時に、マンションの近くでワイン専門店を発見して、父の日のために買ったことがある。
私は若干見栄を張る癖があるので「1万円以上のプレゼント用ワインを探しています」なんて言って。
家族に届けた、ワインが一万円することをついに言ってしまうと、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
他に感想はないようだった。
それから、そんなにワインの質にこだわらなくなった。
旨い!と感じるアルコールだったら、値段や質にはこだわらないと決めた。

□よく晴れた金曜の夕方に目を閉じて

1年前から、南九州に住んで大型台風をめちゃめちゃ気にかけることになった。
風が全く違うからだ。
大分に住んでいたことも埼玉に住んでいたこともあるけれども、しかし、台風の強風が全然違う。
サッカーのゴールが走っていくと話を聞いた時は、大げさだと思ったが、事実だった。
暴風域の猛威がすごい台風が直撃した後は、高いヤシや大木は倒れ、海辺の道は海からのゴミでたくさんで車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海沿いの民家では、車のサイドミラーが割れたり、民家のガラスが割れ、天井が壊れたりと本当かと考えていたようなことを目撃した。
直撃せずにかすっただけでも風はすごく強く、古い民家に住んでいると家の揺れてきしむ音がめちゃめちゃ心配してしまう。

風の無い仏滅の晩に焼酎を
友達が、マンションのベランダで、ミニトマトを作っている。
実がなったら野菜サラダを作る予定だという。
実際、まめに水分をあげないし、すぐそばで煙草を吸うので、彼女のトマトの生活環境はぜんぜん良くない。
丸1日、水も肥料も与えていないと言う時期の、トマトの見てくれは、緑色の葉がだらりとしていて、人間ががっかりしている姿に見える。
気の毒だったので、水分をたっぷりあたえると、次の朝には陽気に復活していた。

□雲が多い火曜の昼に冷酒を

午前0時を過ぎて、眠りに入れないことがあれば、借りてきたDVDをゆっくり見る習慣がある。
先日選んだ映画は、エスターというタイトルの米国映画だった。
主人公の、エスターは、ブライトだけれど一風変わった9歳の子供。
最後に衝撃の結果が見られる。
それは観賞の中盤で、エンドが分かる人がいるのか疑問なくらい意外な終わり方。
というのは、ビクッとするのではなく、恐ろしくゾッとするような終わり方だった。
DVDは、いつも私の真夜中の時間を濃い物にしてくれる。
しかし、だいたいカシス系のお酒もお供しているので、体重が増加するのが分かる。

息絶え絶えで口笛を吹くあいつと霧
中洲のクラブのお姉さんを見ると、すごいなーと思う。
それは、キメキメの見た目、トーク術、それらに対する努力。
お客さんに完全に勘違いをしてもらわないで、仕事だと分かってもらいながら、太客になってもらう。
たまに、もしかしてこのお姉さん、俺に本気かもしれないと思ってもらう。
このバランスのとり方が、どの職業よりも、難しそうだ。
それよりも、私は人気のホステスさんたちの収入がとても聞いてみたい。

□薄暗い休日の朝に昔を思い出す

元ブラックビスケッツのビビアン・スーは、美人で賢い女性だ。
もう30代の後半なんて、まったく信じることが出来ない。
昔の話だけれど、印象的なのが、まだ英語を学び始めたばかりのビビアンが英語のインタビューにアンサーしていた姿。
ちょうど勉強中のようだったけれどとても一生懸命だった。
今となっては英語も日本語だって、じゅうぶんペラペラなんだろうなーとみている。
ビビアンの素晴らしさは計り知れないくらいである。

薄暗い水曜の夕方はひっそりと
田舎に住んでいると、ネットショップでものが簡単に購入できるようになったのが、すごく役立つ。
それは、大型の本屋が市内に一軒だけしかなくて、本の品ぞろえも悪いから、購入したい雑誌も手に入らないからだ。
本屋で取り寄せるよりネットで買う方が簡単だ。
だって、本屋に行くだけでマイカーで30分かかるから非常にめんどくさい。
ネットショップに慣れたら、なんでもネットで購入するようになった。
なんでもインターネットで購入するようになった。
家電は、ネットのほうが絶対に安価で、型番商品は確実にネットショップ購入だ。
けれど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

□具合悪そうに走る先生と月夜

プレゼントに友達に貰った香水瓶は、花を思わせる香りだ。
ぴったりな瓶で、イメージして選んでくれた商品で、ちっちゃくて飾りがついていて可愛い。
香り自体も香水瓶もどんなに大きくいっても華やかとはかけ離れた香水だ。
ストアには多くの商品が置いてあったが、目立たない場所に置いてあった商品。
容量は本当に小型。
上品で気に入っている。
どこかへ行くときだけでなく、外へ仕事に出るときもカバンの中に、家での仕事のときも机に必ず置いている。
そのことから、カバンの中はどれもこの匂い。
だいたい身に着けているため、そうでないとき「今日あの香りしないね」と言われる場合もたまに。
香水ストアにてさまざまな香りを試してみるのは好きだけど、この香水が今までの中で最高に気に入っている。

気どりながら口笛を吹く彼女と霧
待ち合わせの暇つぶしに、東京都美術館に入館して、あの静けさに虜にされている。
びっくりしたのは、一人でのんびり観賞しに来ている方も多かったこと。
なのでわたしも、一人でも行けるし、誰か誘って一緒に来てもらうこともある。
江戸東京博物館は、期間限定の展示が非常にそれ以来私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸博は、期間限定の展示がとても横須賀美術館は、可愛い谷内六郎の作品がたくさんある。
その方は、まさに週刊新潮の表紙絵の作家さんだ。
その他、日光にある、竹久夢二美術館でたくさんポスターを購入したことも。
実際、美術にはいつも魅力的な時間を貰っている。

□サイトカテゴリ


□サイトカテゴリ


Copyright (C) 2015 映画館は天気予報に左右されない All Rights Reserved.
top